2016年11月19日

はい。すみませんでした。

無料で使えるアクセス解析サービスについて、連続で記事を書く予定でしたが・・・。

5月27日以降、全く更新をしていませんでした。

もしこのブログをお気に入りに登録しているような、奇特なかたがいた場合は・・・。
申し訳ございません。
m(_ _)m

色々と忙しかったもので・・・。
(↑言い訳)

といっても
「リアルが忙しかったんですよ!」
ということではなく。

アフィリエイトの調査(というと仰々しい感じになりますね)、と言うか調べものをすればするほど、何やらぼんやりとは意味が分かるけど、改めて考えるとどういう意味?という言葉が大量に出てきまして・・・。
(検索フレーズと検索ワードってどう違うの?とかです。)

そういったものを調べたり、他のブログの記事を書いたり、他のブログも含めた1ヵ月分のアクセス解析をエクセルで表に起こしたり・・・などしていたところ、すっかりコチラの更新が手薄になりました。

申し訳ない。

なんだか、アクセス解析関係の記事を書き終わったあとの記事が溜まっていくいっぽうになっています。

はい、すみません。
とりあえずアクセス解析を先にまとめます。

小分けにトントンと書いたあと、最終的には以前の関連記事も修正して、まとめも作ろうと思います。

それでは、よろしくお願いいたします。



posted by なみへい at 22:32| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google Analyticsという無料アクセス解析サービスについて

おそらく、もっとも有名なアクセス解析サービスなのではなかろうか?
という気がしています。

Googleが運営しているため、知名度もさることながら信頼度もあります。

問題は使い勝手。
「初心者には難しい」と言われています。

そもそも『Google Analytics』の『Analytics』ってどういう意味でしょうか?
= アナリティクス = 分析論、解析学
だそうです。
もうすでに、小難しい感を漂わせております。

さて、具体にまとめます。


抽出できる情報

•訪問者数、検索キーワードなど、他のアクセス解析サービスで抽出できる情報は、ほぼすべて抽出できます。
•Ace Analyzerで抽出可能な『アクセスしてきた国・地域』も抽出できます。
•広告クリック数と収益。

3つ目の『広告クリック数と収益』ってなに?と思われるかもしれません。

実は、Google Analyticsのもっとも重要なポイントがコレです。
つまり、どのアフィリエイト広告が何クリックされているのか、(そして広告ごとの単価を設定することで、)その広告がどれほどの収益を上げているのか、が把握できる訳です。

アフィリエイトを行なうのであれば必須!と言ってよいほどの機能かと思われます。


特徴
•広告は一切なし!
•1ヵ月につき500万プレビューまで無料!
素人のサイトが毎月500万プレビューを超えることはほぼ無いので、無問題。
越えたとしても勝手に有料になるわけではなく、それ以上カウントしてくれないだけ、だそうですので安心ですね。
•データは2年間保存!
•タグ埋め込み型。
ほとんど良いことずくめ。

「タグ埋め込み型とは?」と思ったかたへ。
自分のブログのHTMLに、Google Analyticsから取得した固有のタグをコピー&ペーストすることで、アクセス解析が開始されます。

作業そのものは、慣れればなんとかなります。

しかし、それが出来ないサイト(ブログ)は使用不可。

Yahoo!ブログやアメーバブログ、楽天ブログなどではHTMLによるブログ構成の編集は不可能なのだそうです。
(これらのブログは私はやっていないため、確認ができません)
これらのブログを使用しているかたの場合は、Google Analyticsの使用はそく却下。
seesaa、FC2、Livedoorブログをお使いの場合は問題ないですね。

さて、ここまで(主に)良い点を上げてきましたが。

問題点
•システムが上級者向け。
•公式のマニュアル(ヘルプ)を見てもサッパリ。
機能がありすぎて、初心者にとってはどこから手をつけたら良いのやら?

ヘルプを見ても
「どうだろ?俺賢いだろう?」
てきな小難しい言葉使いで、素人を煙に巻きます。

例えば『カスタム変数』という言葉の説明は
「カスタム変数を使用すると、アドバンス セグメントの範囲を拡張することができます。たとえば、ユーザー レベルのカスタム変数を・・・」
という説明になっています。

いや、まずは『カスタム変数』という言葉を、どのような意味で使っているのか、説明して下さいよ!

あと、ちょこちょこダイレクトに英文が入ってきます。

I'm not read Englishな私には、なんともはや・・・。
(↑これすら怪しい。っておい。)


ちなみにFC2アクセス解析の場合
公式のオンラインヘルプに文章だけではなく、画像を用いて説明しているところもあります。
親切!
それと比べると説明力が雲泥の差。


結論
性能としては★★★★★星5つ!
初心者へのお勧め度は★★☆☆☆星2つ!
というところでしょうか。

ブログだけではなく、アフィリエイトも真剣にやる場合には、ぜひ導入を検討したほうが良いかと思います。

ただし、前述しましたが、基本的には小難しいです。

そのため、初心者のかたには以下のどちらかのやり方をお勧めします。1.他の分かりやすいサービスを使用して、ある程度経ったら切り替える。
2.他の分かりやすいサービスと併用して、初期は他サービスをメインで使い、ある程度経ったらGoogle Analyticsをメインで使う。
(基本的な操作方法は、他のサービスで覚える)


便利だとは思うんですけどね。
自分の中での結論は、他のサービスも確認してからにしておきます。


申し訳ございません。
(先に謝ります。)

今回調査&報告予定の10社の無料アクセス解析サービスについて、3~4社ずつの記事にする予定でした。

しかし途中で
「あ、サービスごとに記事を分けた方が、あとあと見やすいな」
と思ってしまいました。

そのため、今回の記事も含めまして、今後の記事は1社ずつ更新します。
(以前の記事もいずれ分けます。)
もし、自分の記事を心待ちにしているかた(?)がいるならば、申し訳ございません。

1週間後に見れば、すべて載っているかと思います。

posted by なみへい at 22:31| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無料のアクセス解析サービス選びについて、本気出して考えてみよう その1

無料のアクセス解析サービスの各社の機能などについて

実際に使っているサービスについては詳しく載せます。
使ったことがないサービスについても、サイトの説明やサンプル画面を見た感じの感想を書いてみます。

1個人の感想であり、誤った解釈もあるかもしれません。
あくまでも参考までにということでご了承ください。


FC2アクセス解析
こちらは自分でも使用しています。

FC2ブログやホームページを使っている場合、メインで使用することになるかと思いますが、seesaaブログなど他のブログサービスでも、使用は可能です。

機能や特徴などは以下の通りです。•1時間ごとの訪問者のチェックも可能。
•複数のページに解析タグを埋め込む場合、同じ解析タグでOK。
•どの検索ワードでサイトに訪れたかがわかる。
•解析できるページの上限は120ページまで。
•アクセス数による上限は無し。
•バナーは8秒で消える。
(デザインも数十パターンの中から選択できます。)
•解析結果の保存期間は4ヵ月間。
(無料の場合、だいたいこれぐらいの期間です。)
•自分のIPアドレスを除外することが可能。

割と充実した内容なのでは?と思います。

FC2ブログ、FC2ホームページのサービスを利用している場合には、ひとまずこのFC2アクセス解析を登録しておくのが無難かと思います。


Ace-analyzer

こちらも、使用した経験があります。

解析結果として抽出できるのは以下のとおり•閲覧時間
•検索キーワード
•アクセス数
(曜日単位、時間単位まで識別可能)
•都道府県ごとのアクセス数
これは正直、見ていて面白いです。
•国単位でのアクセス数
外国のかたが、私のサイトに訪れるのはなんで?


問題点、というか気になる部分•1アカウントにつき1サイトまで
複数のサイトを所有している場合には、登録するだけで一苦労。

広告が気になるっちゃあ気になります。何パターンかあるようですが、どれだとしても育毛関係。
分からない商品名もあるので、サイト内に謎の文字列が表示されるのは微妙に不気味。
でも小さい字なので、気にならない気もします。

結構アリな解析サービスだと思います。
無料な理由もハッキリしていますし(広告がシッカリと出る)。


デジデジアナライザー

検索結果は次のような項目が抽出されるようです。
•時間別曜日別
•表示ページ別
•国別
•検索フレーズ、ワード
•リンク元
•入口・出口
(どこのページから入って、どこのページに出て行ったか)
•1ページあたりの閲覧時間


その他の特徴•特定のIPアドレスやロボットアクセスログを除外する機能がある。
特定のIPアドレスを除外できるということは、自分でアクセスした部分を削ることができるということ。
初歩的なことではありますが、重要ですよね。
また、ロボット(=クローラ)のアクセスログを除外してカウントできるのも、意外と必要な部分かと思います。
自分のサイトの人気を高めていくには「人間がどのようにしてこのサイトまでたどり着いたのか」が重要になりあすので。
•解析結果を5年間まで保存。
無料の解析ソフトは3、4ヵ月しか保存しておいてくれない場合も多いですので、この点はたいへん素晴らしいです。
•使用方法は「タグを貼るだけ」
FC2ブログなどで、アクセス解析のタグを貼ったことがある人であれば、同じようにできるようです。
•日本の会社が運営(エックスサーバー株式会社・所在地は大阪)


そうとう良さそうな気がします。

気になる点としては
無料というからには広告てきなものが表示されると思われますが、その辺りはどのような感じなのか?
ぐらいでしょうか?

また、別枠ではありますが、こちらでは無料のホームページサービスも提供しているようです。
通称デジデジホームページの特徴として•無料で広告なしの2GBまでのHPサービスが受けられる
•商用利用&アフィリエイトも可能
•CGI、PHP、SSIの利用は不可能。

こちらも合わせて、一度 試してみたいと思います。


FPOP無料アクセス解析

解析結果の内容としては、一般的な内容だと思われます。
正直、あまり細かい部分(アクセス時間など)までは結果を出してもらえないのかな、という印象。

よくあるご質問と回答の中に、このようなものがありました。
Q:広告無しの有料サービスはありますか?
A:現状では予定がありません。

このサービスを利用することで、自分のサイトになんらかの広告が表示されるようです。

無料のアクセス解析の場合は、ほとんどこのパターンに当てはまるかとは思いますが、どのような広告が表示されるかが事前に分からないのは、痛いところ。


いったん終了

ひとまず今回の調査報告は、予定している全10サービス中の4サービスまでとしておきます。
残りは次回以降で。

posted by なみへい at 22:30| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初期のアクセス解析サービス以外には、どういったものがあるのか

アクセス解析を深く調べていくと、ひとつのブログ(に付随するアクセス解析サービス)のみを使用していると特に気にならないことが、複数のブログを併用していることによって気になる場合があります。

代表的な部分として•サービスによって提供するアクセス解析の解析結果が異なる
•サービスによって訪問者数のカウントの仕方が異なる
•無料ブログを使用していない人の場合には、そもそもアクセス解析が無い(場合もある)


複数のサイトを持っている場合には、なるべくであれば同じような様式での解析結果(同じ解析ソフト)を使用したいところだと思います。

ということで、異なるブログサービス(seesaa、Livedoor、FC2)であっても、共通の、これまた無料のアクセス解析ソフトを導入したいと思います。

世の中には色んな無料アクセス解析サービスの種類がありますが、果たしてどれが良いものか。

さっと名前が挙がるものとしては1.FC2アクセス解析
2.Ace Analyzer
3.デジデジアナライザー
4.FPOP無料アクセス解析
5.Google Analytics
6.忍者アナライズ 忍者アクセス
7.Access Analyzer.com
8.User Localスマートフォン解析
9.i2i.jp アクセス解析
10.ACR WEBアクセス解析
これぐらいでしょうか?

それでは、それぞれどのような機能であるかを簡単にまとめてみることにします。
続きは次の記事で・・・。

posted by なみへい at 22:27| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初期状態の無料ブログサービスについてくるアクセス解析、その特徴

seesaaブログ

seesaaブログに最初からついてくるアクセス解析サービスの特徴について、書いてみます。

まず、抽出できる解析結果の分類です。
•ページ別
•どのページがよく見られているのか
•時間別
•何時にアクセスが集中しているのか
•リンク元
(どのサイトから自分のサイトに来ているのかな?)
•検索エンジン
(googleだとか、Yahoo!だとか、どの検索サイトから来たのか)
•ユーザー属性
(自分のサイトに訪れた人の使っているOS(※1)やブラウザ(※2)は何か、が分かります。)
 ※1 OS=Windows7か、WindowsVistaか、など。
 ※2 ブラウザ=インターネットエクスプローラー(のどのVer.)か、GoogleChrome(のどVer.)か、など。
わりと充実しています。

そのほかの特徴や良い点としては
•メニュー画面からさっと結果が見れる。
•特に設定をしなくても良い
(外部のアクセス解析サービスを使う場合には、HTMLを少なからず理解していないと導入できないです。)


ちょっと不満な点としては•自分でアクセスした場合もカウントされてしまう。
記事の書き直しを繰り返した結果、初期状態でほぼ訪問者がいないにも関わらず、結構なアクセス数に・・・
(゜д゜;)
•前項と同じような話ですが、自分のIPアドレスやクローラのIPアドレスを除外する、という機能はありません。
外部のアクセス解析サービスの場合には、この機能をもったものがちょこちょこあります。
(FC2もしかり)
•『時間ごとの訪問者数(A)の全時間の合計=1日の訪問者数(B)』にならない。
同じ人が異なる時間帯に訪れた場合、最初に訪れた場合には(A)にも(B)にもプラス1するが、2回目に訪れた場合は(A)のみにプラス1するそうです。
理由はわかりましたが、なんだか納得がいきません。
•保存期間がよく分からない
アクセス解析の結果の保存期間は『1~6ヵ月程度』だそうです。
半年はデータが残るかと思いきや、急に1ヵ月で消えた日には・・・。
•解析結果が、日ごとは出るが月ごとは出ない。
前月と比べてどの程度 変更しているか、がパッと見は分かりづらいです。

特に設定をしなくても使える分を加味すれば、じゅうぶん優れた性能だと思います。

こういう点も、初心者にオススメな無料ブログサービスとしてseesaaが上がってくる要因かと思います。


Livedoorブログ

抽出できる解析結果•リンク元
•検索キーワード
•ブラウザ
(円グラフ化してくれるので、見やすいです)
•生ログ
(どの記事をどの時間帯にどのIPアドレスの人が見たか、など細かい部分まで分かります。)

良い点、特徴など•パソコンからのアクセスか、モバイル(携帯など)からのアクセスか、などがパッと見で分かります。
•『ログミン』という特殊な機能を使うことで、自分のサイトに訪れた人がどのような流れで記事を読んだか、が視覚的に分かります。
(ちなみにログミンは以前は有料版だけの対応だったようですが、現在は無料版でも使用可能です。)
•解析結果の保存期間は3ヵ月間。

不満な点•時間帯ごとの訪問者やどの記事を見たのかを確認するためには、生ログを見ることでしか確認できない。(一覧では分からない)
•そのため、集計などは面倒。


こちらもseesaaブログと同様に、特に設定をしなくても使用可能のため、Livedoorブログのユーザーにとっては大変便利かと思います。


FC2ブログ

初期状態ではアクセス解析は取り付けられていないので、ブログ初心者にはちょっと大変です。
『無料ブログサービス』とは別に『FC2アクセス解析』のサービスを追加し、そこから入手したHTMLの解析タグを自分のサイトに埋め込み・・・。

面倒くさい! ヽ(`Д´)ノ彡☆

慣れればHTMLがよく分からないかたでも、なんとかできる作業だとは思います。
seesaaなどに慣れてしまった人や「HTMLというかアルファベットの羅列を見ただけでも拒絶!」
という人にはちょっと難易度が高いですよね。

こちらはseesaaブログなど、他のブログサービスを使っているかたの場合でも、そのブログに使用することができます。

そのためFC2ブログの項目というよりも、他の無料アクセス解析サービスと同じ枠組みとなりますので、詳しい内容については次の記事で書かせていただこうかと思います。



ひとまず簡単にではありますが、3つの無料ブログサービスに付随しているアクセス解析サービスについて説明させていただきました。

次はこれに伴う問題点、および他の無料アクセス解析サービスについて書きます。

次の記事は『初期のアクセス解析サービス以外には、どういったものがあるのか』について書こうと思います。

ラベル:アクセス解析
posted by なみへい at 22:26| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセス解析とはなんぞや

アクセス解析を見てみる
ある程度 ブログの発展が進んでくると、アクセス解析(の結果)が気になってきます。

サイトのアクセス数を伸ばすためには、アクセス解析は外せない。

最初から分かっていたことではありますが、
「アクセス解析って軽く見る分にはいいけど、ちゃんと見て集計とかとるのは面倒だよね。」
と、ブログを始めてすぐは放置しておりました。

しかしながら、そろそろ(ちょっとだけ)上の段階へ行こうではないですか。
「とりあえずブログの方向性も決まったことだし、次はアクセスアップを狙いたい。」

色々気になることが出てきたので、そろそろ本気でアクセス解析について学んでみようかと思いました。


アクセス解析の役割
「一日に何人ぐらいの人が、自分のサイトを訪れているんだろう?」と。
そして「なにを検索した結果、ここまでたどり着いたんだろう?」と。

そういった疑問を持ち
「じゃあどうすれば訪問者がより多く訪れるサイトを作れるのか。」
日々それを研究することで、アクセス数は増加していく。

まずは、アクセス解析をしっかりと読み込むことが大事ですね。

解析結果を見ていくと
「やっぱり芸能関係の記事は人気があるな」
「お?この検索キーワードで自分のサイトにたどり着いた人もいるんだ」

など、色んな発見や改めて見えてくることがあります。

この結果を元にして、人気のある記事の続編や関連記事を書いていけば、よりブログが盛り上がっていくわけです。


初期設定のアクセス解析サービス
大体の無料ブログサービスには、アクセス解析サービスが最初からついています。

現状で私は3つの無料ブログサービスを利用させていただいております。•seesaaブログ
•Livedoorブログ
•FC2ブログ


しかし、当然のことながら、それぞれのブログサービスによって得られるアクセス解析結果は異なります。
それは、書いているブログの方向性や記事の内容が異なるから、というだけではありません。

それぞれの無料ブログサービスで提供しているアクセス解析の特徴や問題点。


新しいアクセス解析を導入してみてはどうだろう?
いっそ全てのブログで、同じ会社のアクセス解析サービスを使いたい。
それならば他社の(無料の)アクセス解析サービスを使う場合、どの会社のサービスが使いやすいのか。

ということを、個人的な意見&調査結果ではございますが、次の記事以降で示していこうと思います。

おそらく4~5記事ぐらいに分かれてしまうかと思いますが、ご了承ください。

ラベル:アクセス解析
posted by なみへい at 22:24| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ユーザーアカウント』とは? ネット用語を説明するよ!のコーナー

ユーザーアカウント
•権利者に割り当てられた識別名
•本名を登録する場合もあれば、ハンドルネームを指定する場合もあります。
•ハンドルネームであれば多くの場合は権利者が好きな名前を指定することが可能です。
(ただし、他のかたが既に同じ名前で登録している場合には、登録できないこともあります。)
•Webサイトに個人ごとの画面にログインするためには、事前にアカウントを取得しており、それによって取得したユーザーアカウントとパスワードを入力することが一般的です。

posted by なみへい at 22:21| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『アカウント』とは? ネット用語を説明するよ!のコーナー

•登録したWebサイトにログインするための権利のこと。
•アカウントを有していない場合、ネット上で何らかの手続き(や契約)を結ぶ際にはその都度、一定の情報(住所、氏名、連絡先など)の入力を行うこと、および契約書などの内容を確認することが必要となります。
•手続きのたびにそのような入力や確認を行っていれば、お互いに手間と時間がかかることでしょう。
•そのため、ネット上で一定の取り決めのもとに手続きを結ぶ場合には、多くの場合はアカウントを取得するための手続きを事前に済ませておき、個々の手続きを簡略する場合が基本。
•アカウントという言葉は、ユーザーアカウントと同様の意味として用いられる場合もあります。

posted by なみへい at 22:20| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『クローラ』とは? 調べたネット用語を紹介するよ!のコーナー

•クローラを指し示す説明および単語として『巡回型アクセスロボット』という名称が一般的に使われています。
•『ロボット』と言っても、実在して触ることができるものではなく、Web上のプログラムとして存在するものです。
•検索サイト(GoogleやYahoo!など)はクローラを使って、Web上の様々なサイトの内容を取得します。
•その結果として、検索サイトの検索バーに単語を打ち込むことで、クローラで取得したサイトにたどり着くわけです。
•『スパイダー』や『ボット』などと呼ばれる場合もあります。
(そのまま『ロボット』と呼ばれる場合もあります。)
•クローラの巡回の仕方としては、あるサイトの内容を調査(読み込み)し、そのサイト内のリンクを辿って次のサイトに移動します。
そして移動後のサイトでも同じ作業を繰り返し・・・、という作業を無限に行ないます。
•よく「リンクが多いサイトは上位のサイトとして認識される」のはこの部分によるところが大きいのかと。
•Googleの場合は『グーグルボット』、Yahoo!の場合は『Yahoo!Slup』など、検索サイトごとにクローラには個別の名称もあるようです。
•近年ではアドレス回収業者もこのクローラを独自に作成し、使用することで、その能力を高めているそうです。

ラベル:クローラ
posted by なみへい at 22:18| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『アドレス回収業者』とは? 調べたネット用語をメモするよ!のコーナー

•アドレス回収業者=アドレス収集業者
•様々な方法でパソコンや携帯のメールアドレスを回収し、そのメールアドレスを他の業者(出会い系などサイトの運営者)に売り、賃金を得る業者。
•メールアドレス以外の情報(住所や氏名など)もあれば、より高額で取引されるようです。
•以前であれば、自分でサイトを運営(出会い系サイトなど)し、そのサイト内でメールアドレスを取得。
そうやって取得したメールアドレスを、今度は違うサイトの運営者に転売、というのが一般的でした。
•会員登録が無料のサイトはより怪しいですが、有料の場合であったとしても、そのサイト運営+アドレス回収業を行なっている場合があるようです。
•近年では、検索サイトなどでも使用されている『クローラ』を用いることで、その回収能力を高めています。
•特定のサイトに記されている『xxxx@yyyy.co.jp』などの文字情報をクローラが読み取ってメールアドレスを取得。
そのサイト内のリンクを辿ってさらに次のサイトに移動し、というのを繰り返すことで、無限かつ大量にネット上のアドレスを収集して回ります。
•『@』を読み取り、その前後の文字列をメールアドレスとして判断するのが一般的です。
そのため、どうしてもサイト上にメールアドレスを表記したい場合は
『xxxx■yyyy.co.jp ■の部分には@が当てはまります』
など、他の文字と置き換えて表記するという対策が有効とされています。


posted by なみへい at 22:01| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ASPの会社一覧

アフィリエイトを始めるなら、まずは ASP との契約が必要です。



日本の国内にはどのようなASPがあるのか。
•主要のASP7社を一覧にしてみました。
•ちょっとだけ解説もあります。
•詳しい部分は★~~★の部分がリンクになっていますので、そちらからどうぞ。

★ A8.net ★



•総合型
•日本最大級のASP
•広告主が多くて管理画面も分かりやすいです。
•また、(登録手続きは当然ありますが、)審査が無いため、ブログを始めてすぐにでもアフィリエイトを開始できます。
(一部の広告主は審査が必要)
•唯一の難点は報酬の振込手数料がWEBサイトの運営者持ちなので、こまめに振り込んでもらおうとすると損をする一方。
•でも郵便局への振込の場合は手数料少なめで済みます。


★ ValueCommerce(バリューコマース) ★
•総合型
•日本最大級のASPその2
•扱う広告は幅広く、種類も多数。
•アフィリエイトセミナーも頻繁に開催しているので、初心者が本格的に始めたい!という場合は、はやめに登録するのもありかと。
•ただし、契約するときの審査はちょっとだけ厳しいです。
•でも、なんだか今の時期(2013年4,5月)はわりと受け入れ体制の様子。
•ちなみに自分は申請してから4日後に「参加を承認いたしました」というメールが来ました。



以降の5社は、実のところ私は登録をしたことがないです。
(2013.5.15 現在)
ので、詳しいところは申し訳ない。m(_ _)m

★ リンクシェア(LinkShare) ★
•総合型
•広告数は少ないようですが、iTunesやDell、ジャパネットたかたなどの広告もあり。
•3年連続 アフィリエイト満足度ランキング第一位獲得!だそうですよ。


★ JANET ★
•広告数はじゃっかん少なめ。
•ただし、他のASPが同じ広告を扱っている場合、そちらよりも報酬額が高めになっている場合があるそうです。


★ 楽天アフィリエイト ★

•物販&サービス型
•そのままズバリ楽天の商品のみを扱うアフィリエイト
•ほかのASPでも楽天の商品は扱えるため、それほど押すほどのものでもないのかな?
•システムは分かりやすいそうです。
•報酬が現金ではなく『楽天ポイント』というのが、人によってはどうなのやら。


★ Amazonアソシエイト・プログラム ★
•物販&サービス型
•これまたそのままズバリ、Amazon(アマゾン)の商品のみを扱うアフィリエイト。
•ほかのASPでもAmazonの商品は扱えるため、これもそれほど押すほどのものではないのかも?


★ 電脳卸 ★
•商品特価型
•販売報酬が業界最大級。
(商品毎に報酬を定めることができるため、だそうです。)
•『デコリエイト機能』という独自の機能があるようで、商品の写真を勝手にデコれるようです。
広告素材にはあまり手を加えてはいけない場合が多いとは思うのですが。
•コアな商品が多く、初心者には難しいかも?



さて、では初心者はどこのASPと契約すれば良いのか?
•個人的にはA8.netさんをオススメします。
•審査がないので登録したその日から開始できますし、無料のブログ(ファンブログというもの)も1つ付けてくれます。
•「アフィリエイトよく分からな~い」というかたでブログを持っていなくても、A8.netさんに登録をすればひとまず開始できます。
•で、その貰ったファンブログで、witterのようにブログ更新だけひとまずやってもよし。
•慣れてきたらアフィリエイトを記事に差し込んでみるもよし。
•基本を掴むのにも良いと思います。
•他で作った新しいブログを追加するのも、簡単ですしね。
•また、商品リンクを多く使いたい場合には『A8.net』からAmazonの商品と楽天の商品の商品リンクも作成できます。
そのため、『Amazonアソシエイト・プログラム』と『楽天アフィリエイト』の両方に登録する必要が無いため、アフィリエイトし始めには大変便利です。



「とりあえずA8.netに登録してみようかしら?」
 というかたはこちら ↓




posted by なみへい at 21:59| Comment(0) | アフィリエイトのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。