2016年11月21日

PSVRが発売される。

ついにPSVRが発売された。
本体や周辺機器、ゲームソフトなどを
以下にまとめてみた。ゲームの革命と言われている。

ただ、3DSの時にも言われたように
急性斜視のおそれがあるらしいので12歳未満は
禁止だとか。


ラベル:PsVR
posted by なみへい at 22:07| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『リンクタグ』とは? ネット用語を説明するよ!のコーナー

まず、『リンクタグ』の『タグ』というのは、HTMLタグを表します。


HTMLタグ?

HTMLタグについて簡単に説明しますと、タグを利用せずにサイト(ブログおよびホームページ)に記事を作成する場合、のっぺらな文章になってしまいます。

強調する部分はこう、このようになっていたほうがわかり易いです。

また、項目の場合には
•このように
•してあると
•見やすいですよね。


こういった文章はタグを利用して書かれています。

HTMLタグについて、詳しくはこちらの『HTMLタグとは?およびHTMLタグ一覧』
の記事をご参照ください。


では改めて、リンクタグとは?

『リンクタグ』とは、様々な種類があるタグの中の一つで、他のURLに繋ぐ(リンクする)ためのタグです。

リンクタグを利用することで
•同じサイト内の他の記事へのリンクを作成したり
•他のかたが運営しているサイトの記事へのリンクを作成したり
•アフィリエイトに繋がるリンクを作成したり
といったことが出来ます。

実はこの記事の中に、リンクタグがあります。

上記の『HTMLタグとは?およびHTMLタグ一覧』の部分が、リンクタグです。

分かって頂けたでしょうか?

posted by なみへい at 21:52| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前言撤回。当サイトでもアフィります。

申し訳ございません。

以前、当サイトの記事で
「当ブログではアフィリエイトに関する知識は書きますが、アフィリエイトそのものはやっておりません。」
と書いていました。

「あくまでも当ブログ内に限りアフィリエイトはやっていない」
とも書かれています。

この記事です。



しかし。
当サイトでも、アフィリエイト解禁です!
m(_ _)m

自分の覚え書きとしてスタートした当サイトですが、なんだか思っている以上にアクセスがあります。

嬉しい限りです。
o(^▽^)o

コメントは未だに、ほぼありませんが・・・。
(ノД`)シクシク

せっかく集客率の高いサイトなので、勿体無いなあと思いまして、当サイトでもアフィリエイトを解禁することといたしました。

なんだか、申し訳ございません。
m(_ _)m



ただし!

あくまでも自分の覚え書きが当サイトのメインテーマであります。

そのため、アフィリエイトに誘導するためにこじつけの文章を書いたり、嘘スレスレの情報を載せたり、思いがけずアフィリエイトに誘導したり、などは致しません!


ただし、本人が調べた結果、誤解して誤った情報が載っている場合がございます。

情報が古くなることで、現状と合わなくなっている記事もあるかもしれません。

そういった場合は、コメントなどで教えていただければ大変助かるのですよ。


という訳で多少はアフィっていきますが、あまりご迷惑はかけないように(処理が重くならないように)するつもりですので、よろしくお願いいたします。

posted by なみへい at 21:41| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『アプリ』っていうけどそもそもなにさ?

アプリ=アプリケーションの略です。

また、『アプリケーション=ソフトウェア』と考えてもほとんど間違いないです。
『ソフトウェア』の意味を当サイトで調べる。

ただし、ソフトウェアの中にはOSも含まれるため『アプリケーション≧ソフトウェア』のほうが若干は意味が正しいです。
『OS』の意味を当サイトで調べる。

世の中の認識はスマートフォンにインストールするソフトウェアはアプリケーションと呼ばれる、という考えが一般的になっているようです。

英語では『Application』で、省略する場合は『App』という表記になります。

『Application』そのものは『適用、応用』などの意味がありますが(申込書や塗り薬などの意味もあります)、昨今では『アプリケーションソフト』を意味する言葉として使われることもあります。

当サイトでは『アプリ』の意味は主に『アプリケーションソフト』の意味として使用しています。


ちなみにiPhoneやiPadのアプリは『App Store』で入手しますが、AppはAppleの略ではない、ということは最低限覚えておきましょう。
(iPhoneやiPadはApple社の商品ですので、まれに間違われるかたがいらっしゃるのですよ。)

posted by なみへい at 21:40| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ソフトウェア』とは? 初歩知識も噛み砕いて覚えよう!

コンピュータ上でなんらかの処理を行なうためのプログラムなどを示す言葉です。

代表的なものとして、Word(文書ソフト)やExcel(表計算ソフト)、一太郎(文書ソフト)、InternetExplorer(インターネット閲覧ソフト)など、世の中で増え続ける一方です。

OSもソフトウェアの1種です。
『OS』の意味を当サイトで調べる。

ソフトウェアがひとつも入っていないパソコンは、もうただの箱です。

インターネットも見れなければ、なんとエッチィ画像も見ることが出来ません。
なんと!(@_@;)

すいません。じゃっかん悪ノリしました。
m(_ _)m

スマートフォンにインストールされている(あるいは新たにダウンロードする)ソフトウェアのことは、アプリと呼ばれていますが、アプリはソフトウェアの1種です。
『アプリ』の意味を当サイトで調べる。

posted by なみへい at 21:39| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『OS』とは? 初歩知識も噛み砕いて覚えよう!

Operating System(オペレーティングシステム)を略してOS(オーエス)と呼びます。

Operating = 操作
System = 機械装置


OSそのものはソフトウェアの一種ですが、他のソフトウェアを操作する大元になるのがOSです。
『ソフトウェア』の意味を当サイトで調べる。

パソコンやスマートフォンには、初期状態から必ずインストールされています。

パソコンの場合は
・Windows(7、XP、Vistaなど)
 マイクロソフト社が開発
・Mac(X/lion、X/show leopard、X/mountain lion)
 アップル社が開発
など

スマートフォンの場合は
・Android
 Google社が開発
・iOS
 アップル社が開発

posted by なみへい at 21:37| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ハンドルネーム』とは?

Handle Name
HNと省略される場合もあります。
•インターネット上の本名を名乗らない場(掲示板など)で、個人を識別するために自分で決める名前。
•「自分で決める」という点では、ニックネームというよりもペンネームのほうが、意味合いは近いかと思います。

posted by なみへい at 21:36| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『コンテンツマッチ広告』とは?

•アフィリエイト広告の一種です。
•現在 表示しているページにあった内容の広告を自動的に表示する機能。
•自分で作成した記事に、自動的に合った内容の広告を表示してくれるため、アフィリエイト初心者にのみならず、上級者も使用することは多いそうです。
•一度タグを張り付けておけば、あとは放ったらかしでよく、その後のお手入れが不要です。
•代表的なものとして『Googleアドセンス』が挙げられます。
『忍者AdMax』であれば審査無しで使えるので、試しに使ってみるのもありかと。

posted by なみへい at 21:35| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ECサイトとは

ECサイト(読み方はそのまま“イーシーサイト”)の『EC』は、『Electronic Commerce(エレクトロニック コマース)』の略で、『電子商取引』の意味です。

以上のことから『ECサイト』とは商品やサービスを、インターネット上で販売するサイトを意味します。

基本的には自社の商品のみを扱うサイトを示す場合が多いです。
(まれに、自社と他社の商品を扱う場合もECサイトと呼ばれる場合があります。)

ちなみに、1つのサイトに複数の企業などのお店が集まっている場合は、ECサイトではな『オンラインショッピングモール(電子商店街)』と呼ばれます。

posted by なみへい at 21:34| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『PeX』ってなに? アフィリエイト関連のお言葉

アフィリエイト関係でPeXという単語が出てきました。
「アフィリエイトなどで溜まったポイントを現金にすることはできませんが、ギフトカードやPeXに交換することはできます。」
といった内容でした。

PeXとはなんぞや?

まず先に言っておきますが『PEX』とは異なります。全くの別物です。
(PEX=特別回遊運賃)

というか小文字か大文字かで意味が変わるって、どうよさ。



スッキリまとめた説明

様々なポイントを1つにまとめ、現金やギフト券などに交換できるサービス。


もう少し丁寧な説明

世の中には様々な無料サービスでポイントが貯まるサイトがあります。
『無料サービス』の例
•ウェブ検索
•ゲーム(ビンゴやスゴロク)
•バナークリック
•動画(CM)視聴
提供しているサイトの例)MyVoice、ECナビ

その様々なサイトのサービスで貯めたそれぞれのポイントを、1つにまとめ、それを現金やギフト券などに交換するサービスのことです。

『ギフト券など』の一覧(電子マネーも含みます)•Amazonのギフト券
•JALマイレージバンク
•楽天Edy
•ANA
•YAMADA
•Suica
•WAON
•nanaco  などのポイント
posted by なみへい at 21:33| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ブログ検索』とは?

Yahoo!やGoogleなど、世の中には多数の検索サービスが存在します。
その中でもブログ検索とは検索先をブログのみに絞った検索サービスのことです。

Yahoo!の場合を例に挙げますと、検索したい単語を入力するテキストボックスの上に『ウェブ、画像、動画、・・・ブログ、一覧』などと表示されています。

ここで『ブログ』を選択してから検索を行なう。
これがすなわち『ブログ検索』。

通常、検索を行なう場合には、ウェブや動画、ブログなど、全てを含めた検索結果を表示しますが、ブログ検索を行なった場合には、検索結果は誰かのブログのみが表示されます。

「自分が作ったブログが全然上位に来ないんですけど。」
(;_;)

という場合には、とりあえずブログ検索してみましょう。

それでも上位に来ないなら・・・。
検索されやすい、良質な記事を書くっきゃない!

ラベル:ネット用語
posted by なみへい at 21:31| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『リライト』とは?

日本のロックバンド、アジアンカンフージェネレイションの名曲のタイトル・・・ではございません。

ここで言うリライトは、文章推敲に関する言葉です。

基になった記事(自分で作成した記事も、他人が作成した記事も含む)を書き直すこと。
一部の改変、というよりもほぼ全てを書き直すことをリライトといいます。

「ブログを始めてみたが、書くネタが無い(>_<)」

そんなときは芸能などのニュースについて、自分なりに思ったことを書きましょう。

でも基になった記事をみんなが読んでいないと、何に対しての意見か分からず、意志の疎通ができません。
「じゃあ、元の記事を自分の記事の前に貼り付けるか。」となりがちですが・・・。
ネット上のニュースをコピペしたのでは、それは著作権の侵害になってしまいます。

関連用語の説明:『コピペ』とは?

バレたら良くても記事削除、最悪の場合はブログそのものを削除されかねません。
というか、訴えられて高額な賠償金を請求される可能性も、無きにしも非ず。逮捕もされるかも。
(。iдi。)怖!

さて、そんなときには基になる記事をリライトしましょう。

新聞やネットの情報を基に、自分なりに要点をまとめ、一から記事を作成するのです。

確かに、面倒ではあります。
しかし、記事は消さない限りは一生残るもの。
忘れた頃に企業や個人から「あなた、著作権の侵害ですよ!」
と言われたらもう遅いわけです。

というわけで、アフィリエイトをやる方は特に、コピペではなくてリライトをしましょう!

ちなみに、基になる文章の順番を入れ替えたり、一部の文字を置き換えただけでは、リライトとは言えませんので、ご注意を。

ラベル:ネット用語
posted by なみへい at 21:29| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『コピペ』とは? 一応 基本的な用語も抑えます

コピペとは、コピー&ペーストの略。

ピコピコと略する人も、たま~にいらっしゃいます。
(コピーをさらにコピーすることをピコピコと略する人もいます)

パソコンを使う方なら一般常識の範囲内で
コピーするなら『Ctrl + c
ペーストするなら『Ctrl + v
を覚えておきましょう。

マウスの右クリックを使うより、数段早く処理ができます。

また、切り取って貼り付ける場合には
Ctrl + x』の後に『Ctrl + v』となります。

以上、パソコン操作の基礎知識でした。

ラベル:ネット用語
posted by なみへい at 21:27| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ベンチャー企業』とは 基本もちゃんと学ぼう

ベンチャー企業とは、新しい技術や高度な知識を用いて、創造的で革新的な事業を展開する、どちらかといえば大企業ではなく中小企業を示す言葉です。

ベンチャーという英語そのものの意味は『venture』= 冒険や冒険的な企て、を意味します。
ベンチャーという言葉を用いる場合、ベンチャー企業を示す場合があれば、ベンチャービジネスを示す場合もあります。


ちなみに以降は余談です。•ベンチャービジネスは和製英語ですので、外国のかたとやり取りする場合には注意しましょう。
•新聞記事ではVBと略す場合もあるそうです。その新聞社はベンチャービジネスとVisualBasicでは、どのように表記を分類するつもりなのでしょうか?

ラベル:ネット用語
posted by なみへい at 21:25| Comment(0) | ネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A8.netの『アピールサイト』とはなんのことなのでしょうか?

ASPのA8.netを使用していると『アピールサイト』という単語が出てくるが、これはどういう意味なのか。

即時提携ではなく、審査がある企業の場合には、このアピールサイトに自分が運営している特にアピールしたいサイトを設定するようです。

たとえば自分で運営しているサイトが3つあったとして、その内容が
A.音楽情報が多いサイト
B.漫画情報が多いサイト
C.芸能情報が多いサイト
だとします。

そして、これから提携した企業が漫画の販売業者の場合は、アピールサイトはBにするべきでしょう。

結果的にAのサイトやCのサイトでもその同じ企業(漫画の販売業者)の広告を載せたい場合でも、提携時にはその企業に最もあったサイトをアピールすることで、審査の結果『提携OK』となる可能性が高まる。

ということのようです。

でも、よっぽど記事がないブログだとか、よっぽど審査が厳しい企業でないかぎりは、それほど気にせず、記事が多めのサイトをアピールサイトにするのが良いかと思います。

posted by なみへい at 21:23| Comment(0) | アフィリエイトのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一通りアクセス解析サービスが調べ終わりました。

ようやく、当初予定していた10の(無料)アクセス解析サービスについて調べ終わりました。

2週間以上かかった。
(>_<)

もし、自分の記事を心待ちにしていたかたがいらっしゃったのであれば、遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
いるのかしら?そんな人。
コメントがないので分かりません。

ひとまず、アクセス解析サービスについて、当初は『初歩』というカテゴリに格納していましたが、『無料のアクセス解析サービス』というカテゴリを新たに作り、そちらに格納し直しましたので、個別の結果についてはそちらをご覧下さい。

まとめも作成予定ですが、まだ、結果が出ていない部分(広告が表示されるまで2週間かかる『忍者アナライズ』もあるし)があります。そのまとめについては結果が判明し次第、改めて作る予定です。
詳しい部分はまとめのほうで説明しますが、オススメは以下のとおりです。

ブログなどが初心者のかたには•忍者アクセス解析
•AccessAnalyzer.com
•i2iアクセス解析
のいずれか。

上級者のかたには『Google Analytics』
をオススメします。

ブログやアフィリエイトなどの勉強を進めていくと、他にも無料のアクセス解析サービスがありますし、その他 色々と気になる情報が出てきます。

今後も少しずつ更新していきます。

ラベル:アクセス解析
posted by なみへい at 21:21| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ACR WEBアクセス解析』について

公式サイトの説明内容がスッキリとしていましたので、こちらもスッキリとまとめています。

結論から先に言うと・・・それなり。


抽出内容

•時間別
•リンク元
•リモートホスト
•解像度、色数
•ブラウザ
•OS
•検索キーワード
•都道府県



その他の特徴

•データの保存期間は4ヵ月(以上)。
•複数ページ対応可能で、最大100ページまで解析可能。
•広告バナーが表示される(どのようなバナーが表示されるかについては、ACR WEBのサイトで確認ができます。そこそこのサイズ。)



(個人的な)結論

性能 ★★★☆☆
初心者へのおすすめ度 ★★★☆☆

•一通り必要な内容は揃えている印象ですが、他の無料アクセス解析サービスに勝る特徴は、あまり目につきませんでした。
•サービスを提供しているACR WEBでは他にもアクセスランキングや、人気ページランキングなど様々なサービス(ツール)を提供しています。そういった他のサービスを使うかたであれば、合わせて使う分にはよろしいかと思います。

ラベル:アクセス解析
posted by なみへい at 21:20| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『i2iアクセス解析』について

『i2iアクセス解析』を提供している株式会社Mfro(エムフロ)は、2004年に設立した東京都渋谷区にある会社です。

こちらの会社では他にも、群馬県に行った気になれるアプリ『10秒で今すぐ群馬体験!』や、撮影した写真を昔のファミコンゲーム風に加工できる『ファミ魂カメラ』など、楽しげなiPhone・iPod touch向けのアプリも開発しているようです。

さて、本題のi2i無料アクセス解析についてです。


抽出内容

•OSやブラウザ、画面の解像度の抽出など、訪問者の環境。
•国別や、日本国内であれば都道府県別、地方別。
•生ログ
データをCSV形式でダウンロードすることも可能です。
ただし、生ログの保存期間は12日までです。
•時間別のアクセス推移
(数値だけではなく棒グラフでも表示されるため、非常に分かりやすいです)
•足跡追跡
訪問者の1人を選び、その人がどのような順番でサイト(の記事)を何秒ずつ見て回ったかが確認できます。
ただし、同じサイト内の移動しか時間のカウントは出来ないようなので、たどり着いたページの記事しか読まなかった場合や、複数の記事を読んだ場合でも最後の記事の閲覧時間は抽出できないようです。残念。
•どの検索エンジン(Yahoo!系かGoogle系か、など)で検索されて、対象のサイトまでたどり着いたか。
しかも、Yahoo!系だとしてもその中でもYahoo!か、エキサイトか、フレッシュアイか、ODNか、など細分化した結果を抽出することができ、また、ブログ検索でたどり着いた場合にはそれすらも抽出できます。
•サーチワード(どのような検索ワードでサイトにたどり着いたか)についても、入力した内容そのものと、単語ごとに分けたバージョンと両方の抽出が可能です。



その他の特徴

1つのアカウントで全てのサイトを管理できます。
•抽出結果の保存期間は3ヵ月間。
ただし、生ログは除く。
•広告無しの有料版もあり。
何度か他のかたのサイトでi2iの広告を見たことがありますが、画面端に小さな広告が表示されるだけだったかと記憶しているので、会社組織ではなく個人が利用する分には、無料版でなんら問題が無いと思います。
•アクセス制限
有料版の場合、1日1万アクセスまで、年間で360万アクセスまでの制限があり、それを超えると無料版と同様の広告が表示されるようです。
無料版を利用する場合には全く影響が無いようですね。



(個人的な)結論

性能 ★★★★★
初心者へのおすすめ度 ★★★★☆

•使い勝手も良さそうですし、そうとう良いと思いました。
•両方★5つでも良い気もしますが、そのためには実際に自分でも使ってみてからにしようと思います。
•別枠で携帯アクセス解析もあるようです。
携帯からのアクセスを詳しく調べたいかたは合わせて使うとよろしいかと思います。
•サンプル画面を見ることもできますので、確認してみれば宜しいかと。
http://ac.i2isample.com/admin/


ラベル:アクセス解析
posted by なみへい at 21:18| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『UserLocalスマートフォン解析』という無料アクセス解析サービス

『User Localスマートフォン解析』を開発した株式会社ユーザーローカルは、早稲田大学大学院での研究を元に生まれた、アクセス解析ツール専業の研究開発ベンチャー、だそうです。

サービス内容としては、パソコンからのアクセスよりも携帯電話(スマートフォンも含む)からのアクセス解析に重点をおいた内容となっています。



携帯からのアクセスの場合

•アンドロイド携帯の、どのバージョン、どの機種からのアクセスが多いかを調べることができます。
•機種の画面サイズなどの情報も、そのサービス内から抽出可能なようです。


パソコンからのアクセス解析機能

•こちらも割と充実しています。
•会社のパソコンからサイトに訪れた場合には、どこの会社からどれくらい訪れているのか、がわかる。
•パソコンからのアクセスの場合も、OSやブラウザがわかる
•どこの都道府県の人が多くサイトに訪れているか、がわかる。



抽出内容

•時間別、曜日別の抽出が可能。
•性別や年齢などの情報も抽出できる。
アクセス元のドメイン情報や、携帯場合は機種(子供用、女性向け、など)で大まかに判断している、とのこと。目安程度。
•10分ごとに訪問者数などの集計をとり、リアルタイムの分析結果を見ることができます。
(他のアクセス解析サービスではよく『生ログ』と呼ばれている機能ですね)
•アクセス元(どこからこのサイトにたどり着いたか)が細かくわかる。
他のアクセス解析サービスでも、大体の場合はこういった機能があります。しかし、こちらの会社のアクセス解析サービスの場合は、URLだけではなく検索エンジンごと(Yahoo!、Googleなど)やソーシャルメディア(FacebookやTwitterなど)ごとの解析も行なってくれるようです。前衛的ですね。



その他の特徴

•商用サイトでも利用可能。
•解析できるページ数は無制限。
1つのアカウントで3サイトまで登録可能。
複数のサイトをお持ちのかたは、物足りないですね。
アカウントを増やせば良い、という話ですが、登録を増やすと管理が面倒です。



結論

性能 ★★★☆☆
初心者へのおすすめ度 ★★☆☆☆
•正直、他の無料アクセス解析サービスよりも際立って良い、という部分は見当たりませんでした。
•しかしスマートフォンも年々 進化しています。もうすでに、普段使いとしてインターネットを見る場合には、パソコンよりもスマートフォンで見る人のほうが増えてきているようです。そのため、他の無料アクセス解析サービスと併用するのも、ありなのかな?と思います。
•早稲田大学の卒業生のかたは、後輩を応援する意味でも使ってみたら良いのではないでしょうか?

ラベル:アクセス解析
posted by なみへい at 21:14| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AccessAnalyzer.comってどんな感じ?

AccessAnalyzer.com(アクセスアナライザードットコム)という無料アクセス解析サービスについて調べてみました。

さきに結論。なんだか良さげ!


解析結果の抽出内容

•時間別
•曜日別
•検索エンジン
•検索語句、検索単語
•ブラウザ、OS、CPU、画面、画面サイズ
•言語圏、都道府県
•プロバイダ、ドメイン種類、ホスト
•訪問回数、訪問間隔、閲覧時間
•人気ページ
かゆいところに手が届く、というか、これ以上に必要なものがありますか?という感じです。


その他の特徴

•有料版もあり。1週間の無料体験期間あり。
無料版でも、小さい横長のバナーが表示されるだけっぽいです。
•アクセスログをダウンロード可能。
•ユーザー登録を1度をするだけで、数10サイト(サイト数の制限は無し)を一括管理できる。
•アクセス数による制限は(ほぼ)なし。
(1日10万アクセス程度まではカウント可能)
•ログ保存期間1年!
•広告が不正表示されている場合や、90日間利用されていない(アクセスがない)場合にはアカウントが削除される場合がある、というのは若干気になるところ。
(変な使い方はせず、毎月アクセスしていればなんら問題は無いはずですが、半年くらい放っておいたら見れなくなるということですか?)
•サイト構成もスッキリしていて非常に見やすいです。
•「サーバーの調子が悪い場合がある」という噂があり。



結果

性能 ★★★★★
初心者へのおすすめ度 ★★★★☆

なんだかもう「これでイイんじゃないか?」感がマックスです。
その他の特徴の最後の1つ(サーバーがほにゃらら)が気になりますが・・・。
落ち着いたら、実際に試してみようと思います。

ちなみに『AccessAnalyzer.com』のサイトの『サンプル解析』という部分をクリックすると「このような結果を抽出できます」という説明画面に移ります。
さらにその画面の左のメニューからそれぞれの項目をクリックすることで「このように結果を抽出します」というサンプル画面まで表示されます。

サンプル画面だけでも、一度見てみてはいかがですか
http://ax.xrea.com/
↑AccessAnalyzer.comのサイトのURL

しばらく試したら、また更新(ご報告)予定、ということで~。

ラベル:アクセス解析
posted by なみへい at 21:11| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忍者アナライズ

忍者アクセス解析と忍者アナライズの共通の特徴については、こちらの記事をご確認ください。
忍者アクセス解析と忍者アナライズの記事に戻る
その他の、『忍者アナライズのみの特徴』は次のとおりです。


設置(初期設定)作業が(わりと)簡単

•忍者アクセスよりも作業が簡単です。
•アクセス解析のタグ埋込みをやったことがあるかたであれば、わりと簡単な手順で作業が終了します。
(5分もかからないくらい)
•また、解析タグの埋込み作業が正しく終了したか、が確認できますので、安心です。


謎の萌えキャラが、アクセス結果を解説

•ええ、別にいらないという説もあります。
•くノ一好きには「萌え~」かと。



アクセス解析結果として抽出できる内容

•滞在時間の取得
サイトに何秒(何分)滞在していったか

•訪問者の会社名解析
訪問者が会社からアクセスしている場合、その会社名の把握
•直帰率の取得
たどり着いた記事だけを見て、他の記事を見ずに帰ってしまう率
•入口、出口ページ解析



CSVでデータのダウンロードが可能!

•これが最も凄いかと。
•抽出可能な内容全て(訪問日、訪問時間、IPアドレス、訪問者の都市、検索エンジン、etc)がCSV形式でダウンロードできるので、データ集計は大変助かります。



アクセス除外は10ユーザーまで登録可能。

•忍者アクセスの場合は1ユーザー(むしろサイトの管理者本人)しか除外できません。



分かりやすい

•操作も見た目など、わかりやすく配置されています。



設置してすぐは、サイトに何も表示されません。

•なんのバナーも広告も表示されない、という、他の無料のアクセス解析ではありえない状態。
•果たして、これが意味するところとは・・・。
•2週間後に広告が表示され始めるようです。が・・・。



結果

性能 ★★★★★
初心者へのおすすめ度 ★★☆☆☆


ここまでの記事の内容ではベタ褒めですし、性能も5段階評価でMAX。
じゃあなぜ、おすすめできないのでしょうか?

それはまだ未知の部分があるからです。

もともと、忍者アナライズは無料バージョンが無かったようです。

ですが、最近になって無料でも2週間は広告無しで使えるようになったんだとか。

そして現在、私の(他の)サイトに登録してみましたが、いまだ広告が表示されておらず、噂によるとその広告はけっこう大きいらしいです。

上記でちょっと触れていますが、現在は何のバナーも広告も表示されていませんが、当然2週間後には何かが現れます。

とりあえず、現在設置したばかりなので、2週間後に改めてご報告いたします。

ラベル:アクセス解析
posted by なみへい at 21:00| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忍者アクセス解析

忍者アクセス解析と忍者アナライズの共通の特徴については、こちらの記事をご確認ください。
忍者アクセス解析と忍者アナライズの記事に戻る
その他の、『忍者アクセス解析のみの特徴』は次のとおりです。


忍者アクセスのみの機能

(忍者アナライズには無い機能)
•携帯解析機能
docomo、au、softbankどのメーカー携帯でサイトを訪問したか。
auならさらに細かい情報まで分かります。

•ページURL置換機能
『どこのページがよく見られているか』などは通常、URLで表示されますが、使用者がそのURLに独自の名前をつけておくことで、URLの代わりにその名称を表示し『どのページがよく見られているか』がわかりやすくなる機能・・・、だと思われる。



初期設定は忍者アクセスのほうが面倒。

管理メニューの初期設定から、画面に表示させたいバナーを選び(むしろ表示させざるを得ないならばどのバナーが良いか)、その後で管理メニューの解析用ソースから設置用のタグを取得し、自分のサイトに埋め込みます。


バナーについて

通常のバナー広告とポイント広告付きのバナーがあります。
•通常のバナー広告
◦小さめサイズと大きめサイズから選ぶことができますので、お好きな方をお選びください。
◦小さめサイズ
画面の左上、もしくは右上に、横長で小さなバナーが表示され、そのバナーにカーソルを合わせると大きめの広告が表示されます。
カーソルを合わせなければ、あまり気にならないと思います。

◦大きめサイズ
小さめサイズを縦に2倍の大きさにしたぐらいのサイズです。
タグを入れた位置に表示できるそうです。



•ポイント付き広告
◦クリックされることで『忍者ポイント』が貯まります。
3ヵ所(ヘッダー、フッター、サイド)のうち、いずれかに表示できます。
◦が、しかし。 私の使い方が誤っているのでしょうか?
◦どれを選んでも同じバナーが出現します。
◦どうにもこうにも、画面を縦にスクロールするときに、横一列にバナーらしきものが出現しますが、なんと書かれているかすらも分かりません。
◦注意事項として「タグを設置する際はの直後に入力してください」などと書かれていますが、それをやっても結果は変わらず・・・、もう少し調査が必要だと思っています。



その他(解説など)

自分のアクセスの消し方
•基本解析の生ログを選択し、一覧を見る。
•アクセス時間やIPアドレスなどから本人を特定し、その項目の日付の右にある小さな『・』をクリックすることで、管理人PCの登録をすることができる。
•これで自分のアクセスだけは除外できるようになっている。はず。
(除外できるIPは1つだけです)



結論

性能 ★★★★☆
初心者へのおすすめ度 ★★★★☆
けっこうあり。

意外と他のかたが管理している、けっこうな集客のサイトでも、手裏剣マークの忍者アクセスのバナーをお見かけします。

ラベル:アクセス解析
posted by なみへい at 20:59| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忍者アクセス解析と忍者アナライズ

会社の情報

忍者アクセス解析と忍者アナライズ。
どちらも『株式会社サムライファクトリー』が運営しています。

所在地は『東京都渋谷区南平台町16番28号 グラスシティ渋谷5階』

2004年に設立した会社です。

忍者だとか侍だとかいう単語が出てくるので、怪しさ全開なわけですが。
どうやら、それほど怪しむほどの会社では無いようです。

こちらはひとまず自分のサイトに導入して確かめている最中ですが、現時点での内容を載せます。


2つあるけど、どう違うのか?

忍者アクセスと忍者アナライザ、アクセス解析サービスが2種類あります。
これはいったい何の違いなのでしょうか?

どちらを選んでも変わりがないサービス内容と、変わりがあるサービス内容で分けてみます。


どちらでも変わりが無いサービスの内容

料金 : 無料(広告無しは有料)
PV上限 : 無制限
ログ保存期間 : 最大4ヵ月
リアルタイム解析 : 可能
アクセスログ : 可能


また、どちらでもアクセス解析の結果として、以下の分類で抽出ができます。•時間ごと
•OSごと
•ブラウザごと
•国ごと(県ごと)
•訪問者が新規か、再訪問か
•検索フレーズ、検索ワード


だいたい、こういったところかと。

忍者アクセスと忍者アナライザで変わりがあるサービス内容については、それぞれの記事で説明します。

忍者アクセス解析の記事に移動する
忍者アナライズの記事に移動する


ラベル:アクセス解析
posted by なみへい at 20:58| Comment(0) | 無料のアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。