2016年11月23日

FC2ブログの最新記事から月日を消す方法

初期設定の状態では「最新記事」には日付が(xx/xx)のような状態で表示されるようになっています。

例:●●というタイトルの記事の投稿日が4月1日の場合→●●(04/01)

このままでも不都合はありませんが、表示していても得はしません。また、更新が滞っているブログの場合は訪問者に「このサイトはあまり更新していない」ということが伝わってしまい、更新が無い→最新情報は無いと思われてしまいます。

そこで、月日を外してしまいましょう。

設定
→プラグインの設定
→「最新記事」の「設定」欄の「詳細」をクリック
→「プラグインの改造」の【HTMLの編集】をクリック
<ul>
<!--recent-->
<li &align>
<a href="<%recent_link>" title="<%recent_title>"><%recent_title> (<%recent_month>/<%recent_day>)</a>
</li>
<!--/recent-->
</ul>


このような文字列が表示されているはずです。
(<%recent_month>/<%recent_day>)の部分が(xx/xx)の部分を表していますので、この部分を削りましょう。

プレビューを見て、問題が無ければ設定をクリックして終了。

ちなみにFC2ではなくSeesaaブログの場合は コチラ をご参照ください。



ラベル:FC2
posted by なみへい at 16:59| Comment(0) | ブログのデザイン変更(FC2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Seesaaブログの最新記事から日付を消す

最新の記事には記事を投稿した日付が表示されていますよね。

例えば日付が「4月1日」、
記事タイトルが「無料のブログサービスを使うなら、どこが良いのでしょう
であれば
→「(0401)無料のブログサービスを使うなら、どこが良いのでしょう」
という具合になっています。

この日付、邪魔ではないですか?ということで消してしまいましょう。それほど手間はかかりません。


デザイン→コンテンツ→最新記事

これで新たにウィンドウが表示されるハズです。そして右上の方に小さな文字で「コンテンツHTML編集」と書かれている部分をさらにクリック。

9行ぐらいのHTML文が表示されているはずです。その中の5行目の()で囲まれている部分を思い切って削りましょう!

具体的に説明するとこの部分です↓

(<% article.createstamp | date_format("%m/%d") %>)

↑この部分を丸々削除することで、日付の表示は無くなります。

ただし、日付を削ることによって文字ばかりが並ぶことになり、見づらくなる可能性はあります。このサイトの場合には、先ほど削った部分の代わりに「◎ 」と入力しています。これによって、項目ずつにわかりやすくなっていると思うのですが、如何でしょうか?

ちなみにSeesaaブログではなくFC2ブログの場合は コチラ をご参照ください

posted by なみへい at 16:58| Comment(0) | ブログデザインの変更(Seesaa) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

seesaaブログの最新記事は文字数が短すぎるので改良

Seesaaブログで不満な点の一つとして「関連記事(最新記事)の文字数が短すぎる!」ということが挙げられます。

なんらかの記事を検索サイトで検索して当サイトに来て頂いているのだと思います。当サイトに限らず、プレビュー数を増やすためにはそのままの流れで他の記事も読んでもらう必要がありますが、一番効果的なのは同じカテゴリの最新記事(関連記事)で興味を引くことが効果的だと思います。

しかし、Seesaaブログの初期設定では10文字しか表示されない設定になっていました。10文字て!この文字数で「お!この記事も気になるから読んでみよう」と思う人など絶対にいない!!

ということで文字数を増やそうと思って調べてみたんですが、他のかたのサイトをいくつか見てみましたがほとんど以下の様な内容でした。


デザイン
→コンテンツ
→記事
→HTMLの編集


そして『の最新記事』を検索。

『text_summary(20)』の部分を削除、あるいは数字の部分(20)の値を増やす。


さて、やってみようかと思いましたが・・・。
HTMLの編集で『の最新記事』の部分が見つかりません

デザインによってHTMLも多少は異なる訳ですが、自分が使っているデザイン・エアメール(両サイドバー)の場合は「最新記事」で検索してもヒットしません。かといって一番重要な「text_summary」で検索すると6箇所ほど出てくるし、どれなのやら?と思いながら全部のtext_summaryの数値をイジってみましたが、影響する部分は見つからず。はて?

もう少し調べてみたところ「コンテンツ→HTML」ではなく「コンテンツ→コンテンツHTML編集」のほうを修正しなくてはならないということが判明しました。それだ! どっかの誰かのサイト、間違ってるよ!ということで正しい修正箇所はこちら↓


デザイン
→PC
→コンテンツ
→記事(→すると新しいウィンドウが開く)
→(右上の)コンテンツHTML編集

で「の最新記事」を探すと・・・あります!

「の最新記事」のちょい下に自分のブログのデザインでは「text_summary(10)」となっている部分がありました。他のかたのサイトの説明では「text_summaryを削除しました」という人もいますが、text_summary(10)をtext_summary(100)に変更してみました。その結果、先ほどの10文字よりも明らかに長くなり、また、指定の範囲をはみ出すこともなくてちょうど収まる状態で終わる、という最高の状態になりました。100でなくても、30程度でも十分だと思います。

posted by なみへい at 16:54| Comment(0) | ブログデザインの変更(Seesaa) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事の文字数を引き伸ばす方法:略語ではなく、正式名称を使おう

"例えば
「AKBって、いま何人いるの?」という文章において、
「AKB48って、いま何人いるの?」と正式な呼び方にすることで、それだけで文字数が2つ増える訳です。

「金爆」も「ゴールデンボンバー」とすれば、あーら不思議、2文字→9文字で、7文字も増えますよ。


また、よく報道番組などでは
「●●市のイベント情報。これは市が企画したもので・・・」という記事の書き方をよく見ますが、あえて
「■■県●●市でイベント情報、これは●●市が企画したもので・・・」という書き方に置き換えれば、それでもまた、文字数を伸ばすことができる訳です。
(さすがに2回目も■■県から始めるのはシツコイ気がします。)

県庁所在地の場合は「みんな分かるだろ」てきな感じで都道府県名が省かれる場合がありますが、あえて載せましょう。


映画のタイトルや、漫画のタイトルなど、世の中で一般化している略語でも、あえて正式名称でブログに書くことで、少なからず引き伸ばすことができます。


まずは、細かいことの積み重ねから、記事の文字数アップに挑戦しましょう。"

ラベル:初心者 seo対策
posted by なみへい at 16:51| Comment(0) | ブログ初心者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツイッター疲れには劣化コピー?

『劣化コピー』というソフトウェアをご存知でしょうか?

簡単に説明すると過去のツイートから自動的に文章を作成して、勝手に呟いてくれるロボットを作成するサービスなんだそうです。

SNS疲れの現代人にはぴったりな内容。

自分は最近Twitterを始めたばっかりなんですが、気が向いたらちょっと使ってみたいかも~、と思ったので、とりあえず記事にして残しておくことにしました。

劣化コピーのURL
http://rekkacopy.com/
(↑外部サイトです。)

サイト内にある先輩たちの声(いわゆる、利用者の声)の
「劣化コピーを使ったところ、女の子と仲良くなり付き合うことになりました!」
「就職できました!」

って、なんだコレ。
ヽ(*´з`*)ノ

こんな物もあるんだなーと、フト思いました。
という話でした。

ラベル:ツイッター
posted by なみへい at 16:50| Comment(0) | 便利ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフィリエイト広告の一種『オーバーレイ広告』とは?

アフィリエイト広告(通常の場合)

アフィリエイトの広告は、配置した場所から動かないのが通常です。

そのため、画面の上に表示した場合は、訪問者が記事を読み進めていくことで(画面をスクロールすることで)、見えなくなってしまいます。
(改めて上に戻ってくる人はほぼ皆無かと)

かと言って下に配置し過ぎると、よほど興味を引く話題(および記事の文体)でないと、訪問者が読んでいる途中で「飽きた」となる可能性もあり、その場合はアフィリエイト広告までたどり着かない可能性もあります。



オーバーレイ方式の広告

ということで割と最近にできた、新しいアフィリエイトの方式、それが『オーバーレイ方式』です。

オーバーレイ方式の場合、その画面を閉じるまで、画面をどこまでスクロールしても、同じ広告が画面中に表示され続けます。

これならば、画面をスクロールしても常に画面の上(もしくは下)に表示されっぱなしになるので、訪問者がその広告に興味があるのならばクリックされます。その結果、通常のアフィリエイト広告よりもアフィリエイト収入がアップする!と言われています。



オーバーレイ方式の短所

しかしながら弱点もあります。

まず!
興味がなきゃクリックされません!
(↑当たり前。)

普通のソフトウェアは右上の×ボタンを押すことで閉じる設定になっています。
このオーバーレイ広告も、ほとんどの場合には右上に×ボタンがあり、消せる仕様になっており、消されてしまったら、ページの再読み込みをするまでは復活しません。

また、オーバーレイ広告は結構サイズの大きいものが多いです。
(画面の下5分の1を隠す場合もあります)

たまに消せないものもありますし、新しい画面を見るたびにアフィリエイト広告が画面に表示されるのは、訪問者にとっては結構なストレスです。大きい広告だとさらにストレスがアップします。

結果的には、うざすぎて嫌われてクリックされない→通常のインライン広告のほうが効果アリ!という場合もあるみたいです。

挙げ句の果てに、サイトそのものが嫌われて、訪問者が減少する可能性もあります。


結論

オーバーレイ広告を使うこと自体はありだと思いますが、サイトそのものを嫌われないようにするには、小さめがベストかと思いますよ。

posted by なみへい at 16:48| Comment(0) | アフィリエイトのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。