2016年11月22日

『広告リンク』と『商品リンク』の違いと意味

アフィリエイトのリンクタグの種類は、大きく分けて2つです。
『広告リンク』と『商品リンク』。


『リンクタグ』について当サイトで調べる。


それぞれがどのようなものであるのか、そして特徴について説明します。


『広告リンク』について

広告掲載を希望する企業のトップページに繋がるリンクを作成します。

短所
•商品リンクと比べると、報酬発生率は下がる傾向があります。
•理由
サイトの訪問者がアフィリエイト広告をクリックしたあとも、報酬が発生するための条件が揃う(商品を購入する、なんらかの契約を結ぶ)までには何段階かの手順を重ねる必要があり、途中で考えを改めた場合には「広告リンクをクリックされたが、報酬までには結びつかない」可能性があるからです。


長所
•広告を貼りっぱなしにしておいても問題が無い場合が多く、メンテナンスの頻度が極端に少なくて済みます。
•理由
企業そのものが無くなる場合や、企業がアフィリエイト広告を辞めない限りはリンクタグが有効であり続けることが多いため。
ただし、企業側が提供する『期間限定の広告』の場合など、リンクタグが無効になる場合もあります。





『商品リンク』について
広告掲載を希望する企業の1つの商品に繋がるリンクを作成します。

短所
•頻繁にメンテナンスをする必要が発生します。
•理由
商品が売れてしまった場合など、商品そのものが無くなってしまう場合があり、そうなるとリンクタグが無効になってしまいます。

長所
•広告リンクよりも報酬発生率が高くなります。
•理由
訪問者を商品そのものを購入する直前の画面まで誘導することが出来ますので、そのままの勢いで買わせることができる可能性が高まります。



posted by なみへい at 13:54| Comment(0) | アフィリエイトのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。