2016年11月22日

カテゴリを分けるのは記事が増えてから

カテゴリ を分けたほうが、訪問者にとっては見たい記事を見ることができて便利です。

しかし、ブログを始めて間もない段階で、下手にカテゴリを分け過ぎるのは考えもの、のようです。

実はこのカテゴリ分類の仕方が、 SEO対策 の一環になっているようです。



例1

例えばマンガを紹介するサイトがあったとします。
そして作者ごとにカテゴリを分けたとしましょう。
『O田栄一郎』さんのカテゴリに『1ピースは面白い』の記事を、『T山明』さんのカテゴリに『龍玉はZが好き』という記事を作成したとします。

この場合『O田栄一郎』さんのカテゴリにも、『T山明』さんのカテゴリにも、記事は1つずつしか入っていません

このように作者ごとにカテゴリを分けて記事を作成することを続けた場合、記事の紹介数が10を超えたとしても、それぞれのカテゴリには記事は1つずつしか入っていません

この場合、それぞれのカテゴリの力(チカラ)は1ずつになります。



例2

紹介する記事は例1と同じですが、『Jンプの漫画』というカテゴリを作成し、『1ピースは面白い』と『龍玉はZが好き』を含む全ての記事(10の記事)を『Jンプの漫画』に入れましょう。

すると『Jンプの漫画』というカテゴリの力は10になります。



その結果、どうなるのか

カテゴリの力が強ければ強いほど、カテゴリに入っている記事が良質な記事の扱いになり、SEOにおいて上位に表示されやすいんだそうです。

本当に?
(゚д゚)
という気もしますが、確かに、自分の色々なサイトを見る限り「あえてカテゴリを分けていないサイトのほうが、訪問者が多い」そんな感が濃厚です。

「10の記事を1つのカテゴリに入れたから10倍の力になる」とまでは言えませんが、2~3倍くらいになったような気はします。



カテゴリのタイトルも重要

そもそも、SEO対策においてタイトルは非常に重要であり、それはブログタイトル、記事タイトル、そしてカテゴリタイトルにも関係があります。

たとえば『マキシマムザ内臓』という記事で他のサイトよりも上位に立ちたいのであれば、ブログタイトルも記事タイトルもカテゴリ名も常に『マキシマムザ内臓』という単語を含んだ名称にします。すると、他のサイトと同じような内容の記事なのであれば、多少は有利に働きます



結論

記事の数が増えるまでは、1つのカテゴリに集中したほうが少なからずSEO対策になるようです。

そのため、ブログ初期段階では、関連する記事(同じカテゴリの記事)を書き続けるか、あえて一緒に扱えるようなカテゴリ名にする、という手段が良さそうです。

例)
芸能人の場合は、『モデル』『女優』『アイドル』『・・・』とそれぞれにカテゴリを分けたりせず、全て『芸能人』というカテゴリに入れる。

カテゴリを分けるのは、記事が増えてからにしましょう。



ラベル:ブログ 初心者
posted by なみへい at 20:58| Comment(0) | ブログ初心者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。