2016年11月24日

●あなたやあなたの親のために知っておくべきアルツハイマー予防法



認知症は色々な原因で発症しますが、認知症の中で大部分を占めるアルツハイマー型認知症の場合については研究が進み、現在は「こういう事に気をつければ、かなりの確率で予防できる」という事がわかっています。

認知症は発症して進行が進むと、勝手な徘徊やトイレの世話など、精神的にも肉体的にも負担が大きい介護をするはめになって、介護者に多大な負担がかかってしまいます。
親の介護のために40代、50代で職を失ってしまった方も多くいます。
当の本人にしても、最終的には自宅ではなく施設住まいとなり、思い出のある家では息を引き取れないという事にもなってしまいます。

介護者や当の本人にとっても不幸な認知症にならないよう、前もってアルツハイマー型認知症の原因とその予防法を知っておいて、あなたの親が認知症にならないようにしましょう。

また、最近は若年性アルツハイマーを発症して、60歳よりも前に認知症となってしまう方も多く出てきています。
これは生活態度の乱れによる所が大きいです。
親だけでなく、あなた自身がアルツハイマーにならないよう、親と同じくあなた自身も普段から認知症予防には気をつけないといけません。


アルツハイマーは発症してからは進行を遅らせる事しかできません。
発症するよりもかなり前の、30代、40代あたりから、すでに予防のための生活を心がけるようにしてください。

これは対応が早すぎるようにも思うかもしれませんが、最近の研究では、「30代、40代に乱れた生活をしていると、老後にアルツハイマーになる確率がかなり高くなる」という事がわかってきているのです。


アルツハイマー型認知症の原因と、そのメカニズム

アルツハイマー型認知症の場合は現在は研究が進み、「だいたいこういうメカニズムで発症する」というのがわかっています。

人間は生きて活動していると、脳のあちこちにタウたんぱく質やアミロイドベータというのが生産され、どんどん増加していくようになっています。

このタウ蛋白質やアミロイドベータは、周辺にある脳の神経細胞が電気信号をやり取りするのを阻害するという性質を持っています。

脳の神経細胞は、そうやってタウ蛋白質やアミロイドベータによって電気信号のやり取りを妨害され続けると、その部分の神経細胞については機能が衰えていき、やがて死滅します。
このような形で脳のあちこちで神経細胞の死滅が進むと、脳の萎縮が進行していってしまうのです。
やがて脳の萎縮がかなり進行した段階になって、「アルツハイマー認知症」と診断されるのです。


アルツハイマー型認知症の予防では、いかに平時からタウ蛋白質やアミロイドベータが蓄積しないような生活を心がけるかが重要です。
認知症が発症してから(つまり、脳の萎縮がかなり進んでから)タウ蛋白質やアミロイドベータが蓄積しないような生活を慌てて始めても、それで認知症の進行を遅らせる事はできても、すでに大きく萎縮した脳は元には戻りません。
認知症が発症するよりもかなり前から、脳内にタウ蛋白質やアミロイドベータを蓄積させない生活を心がけるのが、アルツハイマー予防においては非常に重要なのです。

それを踏まえた上で、以下の各種対策を、あなたの親やあなたが、60歳になるよりも何十年も前から行うように気をつけてください。


1.きちんとした睡眠を取る事。夜に睡眠不足の場合は、昼や夕方に少し寝る時間を必ず設ける事

脳内各所に貯まったタウ蛋白質やアミロイドベータは、睡眠中に一部が除去されるという事がわかっています。
また、良質な睡眠が取れた場合と、睡眠量が少ない場合では、翌日に脳内に残ってしまうタウ蛋白質やアミロイドベータの量がかなり違うという事もわかっています。

2013年に動物実験ではありますが、実際に脳内のタウ蛋白質やアミロイドベータが睡眠中に脳から除去されていく様子が映像で確認されました。

普段からきちんと睡眠を取っているならいいですが、乱れた生活できちんと睡眠が取れてない場合、脳にタウ蛋白質やアミロイドベータがどんどん溜まっていって、脳神経の死滅が進んでしまう事になります。
脳神経の死滅がかなり進むまで目立った症状は出ないため、そういうダメな生活を長々と続けがちになってしまいますが、脳の萎縮がかなり進んでからようやく気づいて睡眠をきちんと取るようにしても、時すでに遅しなのです。

そうならないよう、普段からしっかり良質な睡眠を取るよう心がけてください。
また、きちんと夜に睡眠が取れない場合は、昼や夕方にちょっと睡眠を取る習慣を必ず設けましょう。

夜更かししてきちんとした睡眠を取らないという生活を若い頃から繰り返してしまうと、老後にアルツハイマーになる確率がかなり高くなるのはもちろん、もっと早い段階で若年性のアルツハイマーになって、取り返しのつかない事になりますので注意してください。

ご年配の方の場合、年を取ると夜の眠りが浅くなってしまう傾向が強いため、退職して昼間に時間があいてる場合は、毎日昼寝をする癖をつけるようにしてください。
意図的に睡眠量を増やす生活を心がけると、認知症になる確率を大幅に低下させる事ができます。


2.脳のために、運動しながら頭を使うという事をやりましょう。

人間の脳神経は、小さい頃に形作られ、以後は加齢とともに減っていくという事が定説でした。
しかし、現在は、「脳を使えば脳神経の衰えを遅らせたり、場合によっては脳神経が新たに作られる事もある」というのが分かっています。

逆に、定年退職などで仕事をやらなくなり、しかも趣味もなく脳をあまり使わないという生活を続けてしまうと、認知症になってしまう確率がかなり高くなってしまうので注意してください。


一時期、脳のトレーニングがブームとなりましたが、現在でも老人向けのデイセンターなどでは脳の機能を少しでも維持できるよう、毎日脳を刺激する色々な事をやっています。

机の前に座って脳を使うだけでも脳の刺激にはなるのですが、最近の研究では、「運動しながら脳を使う風にした方が、脳にとってはかなりの刺激になり、場合によっては脳神経が新たに作られる事にもつながる」という事がわかってきたのです。

運動をしていると、左右の手足を動かす事になって、それが右脳や左脳に刺激となるとともに、体を動かすと体内の血流量が増加し、脳に送られる酸素量も増え、脳細胞の活動がより活発となります。
この脳が活発になった状態で、さらに頭を使うような事をやる(問題を解く、記憶の思い出しをやるなど)と、脳の神経細胞(ニューロン)それぞれが手を伸ばし、新たな回路が形づくられる、という事が近年の研究で分かってきました。
子供の頃にしか起きないと思われたニューロンネットワークの構築が、大人でも起きるのが確認されたのです。

脳が大きく萎縮した場合は、元の状態には戻せないものの、こういう「運動しながら頭を使う」事を1セット(1時間)、週に3,4回くらいやり続ければ、アルツハイマーが発症した後も、脳の萎縮の進行を大きく遅らせる事ができるのがわかっています。
また、アルツハイマー発症前の方も、平時からのタウ蛋白やアミロイドベータによる脳の死滅した分をカバーできるという事で、「運動しながら頭を使う」という事を若い頃からやり続けるのが認知症予防として推奨されています。

なお、運動しながら物を喋る場合、舌を噛む事もありますので、それだけは注意してください。


3.カフェインの摂取が認知症予防にもつながる

コーヒーや一部のお茶に含まれているカフェインを摂取する事によって、タウ蛋白質やアミロイドベータが脳内に蓄積する量を減らせるという事が最近の実験でわかっています。

普段からコーヒーやお茶をわりと飲んでいる方は、老後や若年性アルツハイマーになる確率を減らせるのです。

ただし、カフェインは睡眠を妨害する性質がありますので、夜寝る前や、昼寝前には飲まないようにしてください。


まとめると、アルツハイマー型認知症の予防では、

1.きちんとした睡眠を取る事。睡眠が足りない場合は、昼や夕方に少し寝る時間を必ず設ける事。眠りの浅くなりがちな老人は、毎日昼寝をするのが望ましい。

2.「運動しながら脳を使う」という事を、週に3,4回はして、脳に刺激を与えて新たなニューロンネットワークの生産に励みましょう。定年後は脳を使わなくなりがちなので、意図して頭を使う生活をしましょう。

3.カフェインは脳への良い刺激となるため、お茶やコーヒーを愛飲する事が認知症予防として薦められています。ただし、夜や昼寝前のカフェイン摂取は寝られなくなって認知症の元になるので注意してください。



<知っておくべきパソコン、スマフォ、タブレット向け情報>
現在、パソコンやスマフォ・タブレットをウイルスに感染させる手法は色々あります。
あなたやあなたのご家族がそういうのにひっかからないよう、こちらのページに掲載している『PC、スマフォ・タブレット向けウイルス対策情報』を一度は見ておく事を、強くお薦めします。
「えっ?こんな方法でもウイルス感染させられるの?」とびっくりする物もあるでしょう。




posted by なみへい at 14:10| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●ウイルス感染リスク大幅低下のためのサブタブレット購入

少し前に有名アンチウイルスソフトウェア会社の幹部が「最早アンチウイルスソフトでは、ウイルスを防御しきれない。多くのウイルスを見過ごしてしまう。」というような発言をして世間を騒がしましたが、そもそも昔からアンチウイルスソフトは全てのウイルスを防御できるような物ではありませんでした。
PCやスマホ、タブレットにはアンチウイルスソフトを入れてウイルス感染率を大幅に下げるのは当然やっておくべき事ではありますが、アンチウイルスソフトを入れた上でも知らないうちにウイルス感染させられる事はある、というのを我々はきちんと理解しておくべきです。
検出アルゴリズムをくぐり抜けて、知らないうちに感染させられたりする。

現在、ウイルス感染手法は色々あります。
昔からよくあるようなUSBメモリ経由での感染や、メールの添付ファイルを開いての感染などもありますが、今現在はサイトを開かせて、そのサイトを表示しただけでウイルス感染させるというのが主流。
前述のように、たとえアンチウイルスソフトを入れていても感染します。

怪しいサイトはもちろん、有名サイトでもいつの間にかwebが改竄されて、閲覧しただけでウイルス感染させられたりするのです。
ゲームメーカーのセガも最近web改竄被害にあってしまいましたよね。

メール内のurlをクリックさせてそういう不正なサイトへ誘導するケースも常態化しているため、メールはどんなところから来たのであっても、メール内のurlリンクは絶対にクリックしないようにすべきです。
twitterなどでも短縮urlでウイルス感染サイトへ飛ばそうとするケースもあり。
ブログのコメント欄などでも、urlリンクを貼って不正サイトへ飛ばそうとするケースもありますし、掲示板にurlリンクを貼って飛ばすケースもあります。


こんな感じなので、今現在は、ブラウザであちこちのサイトを閲覧すればするほど、またurlリンクをクリックするほど、その端末が知らないうちにウイルス感染するリスクがどんどん上昇していきます。
たとえアンチウイルスソフトを入れていても防御できません。

大事なデータを色々入れているPCでウイルス感染して情報漏洩するともう大変な事に。
業務データは漏洩するわ、個人の趣味嗜好情報がダダ漏れになるわ、銀行に入れてある金が勝手にどっかへ送金されるわで、もうさんざんな目にあう。
人によっては、たった一度のウイルス感染で、それまで丁寧に積み上げてきた人生が一気に台無しになる場合もあるのです。


対策も無いわけではありません。

今現在、ネットに接続できる端末が昔と比べてかなり安く買えるようになっています。

まぁ一万円以下の激安の海外平行輸入タブレットの場合、すぐに壊れたり、ひどいと海外でわりと起きているように就寝時の充電中や使用中に突然発火して家が火事になったりするので、そういうのは絶対やめておいた方がいいですが。
国内向けにきちんとした工場(これも工場自体は海外ですが)で作られた端末でさえ、もう最近では二万円も出せば買えるようになっていて、これで快適にネット閲覧できますよね。

そういう二万円程度のタブレットを購入し、そこには特に大事なデータは一切入れないようにした上で、あちこちのサイトの閲覧はこのサブタブレットでやるようにするのです。
一方、メインのPCやメインのスマホ、メインのタブレットでは極力サイトは見ないようにします。
こうすると、(大事な端末の)ウイルス感染リスクを大幅に低下させる事ができます。
サブタブレットはウイルス感染する事もあるかもしれませんが、そもそも大事なデータを入れないようにすれば、たいした被害にはなりません。

銀行やその他のサイトでログインパスワードを入れる必要があるところや、メールの送受信については、メインPCやメインで使っているスマホ、タブレットでやるべきですが。
ログインパスワードが必要なサイトをサブタブレットでやってしまうと、パスワード情報が漏れる場合があるので絶対やめましょう。

こんな感じで、多くのサイトや掲示板などの閲覧は、メインのPCやメインスマホ、タブレットでは極力やらず、サブタブレットでやるのです。


PCで何か作業をやっている時、ブラウザをすぐに起動すれば色々なサイトが見れるというのに、わざわざサイトを見るためにサブタブレットを起動するというのは一見阿呆らしいように思うかもしれませんが、「PCのウイルス感染予防」の観点からすれば非常に非常に有効な方法なのです。

個人はもちろん、業務でPCを使っている方などは、自分や従業員向けに、各々サイト閲覧用のサブタブレットを用意しておいた方が、業務に使っているPCのウイルス感染予防になるかと思います。
(同時に見ないのならば、別に人数分購入する必要は無いし)


参考:『ウイルス感染予防情報まとめ』

世の中では色々な方法でウイルス感染させられます。その中には、思いもしない方法で感染させるものも。
以前書いた上記のまとめ記事で、ウイルス感染予防方法をきちんと学習してください。



posted by なみへい at 14:08| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●3Dプリンターによる実印の偽造と、それによる被害の話(他人事ではすまされない)

個人向けの3Dプリンタの場合はまだ精度が悪いので問題ないでしょうが、業務用の3Dプリンタの場合、かなり精度が高く造型できてしまえます。

これを使って書類の印影から実印が偽造される、みたいな面倒な事が将来起こってしまうのではないかと危惧しています。
もちろん、書類に押された判については、多少朱肉などの滲みがありますが、それを考慮しつつ、元の実印にかなり似たような印鑑が3Dプリンタで作成できてしまえるのではと。

実印が所有者の知らない間に一時的に盗難にあい、シリコンなどで型取りして実印のコピーが作られてしまう、みたいな事は昔からありましたが、技術が進んだ現在は、業務用の3Dプリンタで陰影画像から実印にかなり似た印鑑を作れるようになったと思います。
3Dプリンタは銃が作れる事で問題になりましたが、こういう事でも国は注意しないといけないでしょう。


もちろん、実印のコピーを3Dプリンターで作られても、印鑑証明書が同時になければ悪用はされません。
しかし、印鑑証明書を受け取った側(企業やショップ、マンションのオーナーなど)が、保管ミスで紛失などをしていた場合、結構危ないと思うのです。
印鑑証明書に押された実印の陰影から、3Dプリンタで実印のコピーを作り、その印鑑証明書と同時に使って悪さをされる、みたいに。

提出するケースによっては、「印鑑証明書は、発行からいついつまでのしか受け付けない」ってのもありますが。


今のうちに法律を改正し、

印鑑証明発行時に、「どういう相手に提出するのか」、「何の目的で発行するのか」、この二点を必ず聞く事にし、発行される印鑑証明に必ず印刷する事

という風にすれば、発行意図とは異なる別の用途(勝手な借金、いつの間にかの連帯保証人、あずかり知らぬ土地の売買)で印鑑証明が使われる事はないでしょう。
発行した市町村側にも、この二点の情報は必ず残しておく事にし、後で照会できるようにしておく事。

また、印鑑証明を受け取る側も、今後はそういう記載がない印鑑証明は無効という風に法律で取り決めて。


本人ではなく代理人に印鑑証明書を発行してもらう場合は、「どういう相手に」「どういう用途で」提出するために発行するのかを紙に自筆で書くとともに、朱肉の拇印を押して本人の指紋がついた用紙を窓口で提出させるように法改正してください。
これをやっておかないと、代理人に印鑑証明発行カードを渡し、「中古車購入目的で印鑑証明書を発行してきてもらいたい」と頼んだのに、中古車購入用の印鑑証明を発行するとともに、また別の印鑑証明をこっそり発行されていた、みたいな事になりかねません。
だから、代理人に発行を依頼する場合は、「本人が頼んだ」という事をきちんと証明できる自筆と拇印が記入された依頼書を必要とし、その依頼書は役所の方で受け取ってそのまま、あるいはデジタルデータ化して保管するようにしてください。


こういう諸々の対策を講じておかないと、今後3Dプリンタによる実印の偽造で人生を大きく狂わされてしまう人が出てきてしまうのでは、と懸念しています。

これをもし国会議員さんや関係者が見ている場合は、ご自身もいつの間にか大きな金銭トラブルや土地トラブルに巻き込まれかねないので、他人事とは思わず、今のうちにさっさと法改正するよう提案すべきです。



<知っておくべきパソコン、スマフォ、タブレット向け情報>
現在、パソコンやスマフォ・タブレットをウイルスに感染させる手法は色々あります。
あなたやあなたのご家族がそういうのにひっかからないよう、こちらのページに掲載している『PC、スマフォ・タブレット向けウイルス対策情報』を一度は見ておく事を、強くお薦めします。
「えっ?こんな方法でもウイルス感染させられるの?」とびっくりする物もあるでしょう。

posted by なみへい at 14:07| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。